ガジェットLabである!

ガジェットLabは広く浅くをモットーにガジェットの情報を発信していくブログである。

スポンサーリンク

MVNOって何者よ?それって美味しいの?

Tasty internet bytes: SIM cards from recent travels

 

さて今日はMVNOって何者ってところから説明したい。ご存知の方も多いというか、今時は知ってて当たり前というかそんな感じなので、復習と思って聞いてくれると有り難い。

 

MVNOとは

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略である。まあ普通の人ならこれで理解はできないはずなので、もう少し噛み砕くと携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことです。

 

はい。これでもまだ難しいですよね。要はdocomoauソフトバンクといった、いわゆるキャリアからMVNO事業者は携帯会社の通信インフラを借りることで、格安でユーザーに無線通信を提供することができるようになることである。

 

MVNOが普及した背景

MVNOが普及した背景には、本体価格が安い格安スマートフォンの登場や、携帯通信費の見直しなどがある。これまでは携帯会社などで提供される端末や回線を利用して携帯電話を使用していましたが、最近では格安スマホが登場したことにより、MVNO事業者が注目され始めました。 MVNO事業者が提供する通信回線は、携帯会社いわゆるキャリアなどに比べると格安で使用できるため、格安スマートフォンと合わせることでユーザーが側が大幅にコストを下げることができる。スマートフォンが普及するにつれて高額になりつつあった通信費を抑えることができるため、多くのユーザーにとっては嬉しいサービスになった。

 

では格安スマホとは

こちらも簡単に説明すると、格安SIMと一緒に販売されているものなどを格安スマホと呼んだりしている。現在は安く購入したスマホなどを指す場合もある。例えば秋葉原などで安くで売っている中古スマホなどもそう呼んだりしている。MVNO格安SIM=格安スマホではなかろうか。

 

今後さらに普及しつつあるMVNO(格安スマホ)ついて近いうちにさらに詳しく紹介できればと考えている。