ガジェットLabである!

ガジェットLabは広く浅くをモットーにガジェットの情報を発信していくブログである。

スポンサーリンク

HDDを高速化する「Intel Optane メモリー」の32GBモデルが発売

f:id:kamat:20170522222403j:image

 

HDDを高速化する「Intel Optane メモリー」の32GBモデルが発送する

 

    IntelのHDD向けキャッシュ「Optane」に対応したM.2モジュールの32GBモデルが登場した。

 

 型番は「MEMPEK1W032GAXT」で、店頭価格は税込9,880~9,980円前後。販売店は、オリオスペック、パソコンショップ アーク、ツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店II、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ソフマップ 秋葉原 リユース総合館、ドスパラパーツ館。

 

 Optaneは、Kaby LakeプラットフォームでサポートされるPCIe Gen 3.0 x2接続のキャッシュメモリSSDと比べて大容量なものの、低速となるHDDの弱点を補うことができる点がメリット。

 16GBモデルはすでに発売されており、今回登場した32GBモデルの転送速度はリード1,350MB/s・ライト290MB/sで、16GBモデルから高速化されている点も特徴。

 使用するには、第7世代CoreファミリCPUと、Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードやPC自作キットなどが必要で、対応BIOSなども提供されている必要がある。

 

    Intelニュースリリースによれば、Optaneを使用することで、WebブラウザのGoogle Chromeの起動速度が最高で5倍になるほか、ゲームソフト「Fallout 4」の起動が最高で67%高速化されるという。

 

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1060733.html