ガジェットLabである!

ガジェットLabは広く浅くをモットーにガジェットの情報を発信していくブログである。

スポンサーリンク

ウルトラウルトラウルトラセール!あのBOOKOFFが本全品20%OFFである!

2012-12-17 16.01.54


本を買うならBOOKOFF!のBOOKOFFが本日5/4〜7までウルトラセール開催中である。しかも本全品20%OFFで太っ腹ということだろうか。

因みにBOOKOFFとは「お近くの店舗が簡単に探せるBOOKOFF公式サイト。古本やCD・DVD・ゲームだけではなく、デジタル家電や携帯・スマホ、洋服(古着)・おもちゃなど、さまざまな商品を買取・販売しています。」という企業である。 

 

f:id:kamat:20170504110605p:plain

 

ウルトラセール開催!

対象商品は全店で約1.3億冊という何だか良く分からない数字になっているが、ただただ凄いというほかないのである。

私は基本的にラノベ以外読まないのでラノベがセール中だったら買うと決めている。たしか年末にもウルトラセールを行って10000円分ぐらいを大人買いした記憶がある。読み終わった本達は甥っ子にプレゼントした。

 

本離れの影響か?

ウルトラセールの背景には本離れの影響もあるかもしれないし、手に取って買うという人も減ってきているのであろう。Amazonでも中古の本を取り扱っているし(Amazon自体が売っている分けではないが)、フリマアプリが流行りだし、ネットで手軽に買えるようになったのも影響しているであろう。そもそも中古本というのは個人的には少々高い気がする。もちろん利益を出すためには仕方ないのかもしれないし、それが企業というものというのも理解しているが、個人売買やAmazonの中古に比べてやはり高い。それはBOOKOFFだけの問題ではないと思うが、このままでは高い賠償を払うことになりそうだ。

 

デジタル化

本のデジタル化も思ったより進んでいないと思う。やはり紙が良いという人がいるからであろう。紙は紙の良さがデジタルにはデジタルの良さがある。本を読む人は分かっていると思うが。

それにデジタル化が普及しない原因に困ったことにデジタル化した本は売買が出来ない点が上げられるとおもう。いくらデータだから、場所を取らないとはいえ、一度読んでしまった本は、二度読むことは稀であろう。ましてやデジタルデータである。購入した側としたら、読んでしまったデジタル本は売ってしまいたい。困ったことだ。まあでもデジタル本をネット上にアップされてしまって、著作者が被害を被ることが社会問題となっていることも知っているのでこの問題も簡単にはいかないであろう。

 

さて本題へ

本題へ戻るとウルトラセールは大歓迎である。20%はお得だし。私のようにセールに弱い人間が大人買いしたくなるのでBOOKOFFは剥離多売になってしまうが、多少なり儲かるであろう。

 

だがしかし私は最近、Kindle Paper whiteを購入した!その辺はまた今度紹介したいと思う。