ガジェットLabである!

ガジェットLabは広く浅くをモットーにガジェットの情報を発信していくブログである。

スポンサーリンク

強いソフトバンク。だがしかし。

SoftBank.

 

今週もマーケティング会社GfK Japanにるキャリアモデル別の集計が出ました。特筆すべきことはやはりソフトバンクのiPhone7が強いということ。前回の集計から変動はなく1位と3位にソフトバンクのiPhone7が入っている。私もソフトバンクがここまで強いと思っていなく、auとドコモの苦戦ぶりに少々呆れるぐらい。それともソフトバンクが呆れるぐらい強いのか。とても興味深いところである。

 

4月17日~4月23日
順位 前回順位 キャリア モデル
1 1 ソフトバンク iPhone 7(128GB)
2 2 au iPhone 7(128GB)
3 3 ソフトバンク iPhone 7(32GB)
4 6 au iPhone 7(32GB)
5 4 NTTドコモ iPhone 7(128GB)
6 5 Y!mobile iPhone 5s(32GB)
7 7 NTTドコモ Xperia XZ SO-01J
8 9 Y!mobile S1
9 10 au Xperia XZ SOV34
10 8 SIMロックフリー HUAWEI P9 lite

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
 総合ランキングは、ソフトバンクiPhone 7(128GB)」が32連覇。今回はトップ10の顔ぶれは前回と変わらず順位が多少動いただけだ。Y!mobileiPhone 5s(32GB)」が6位に下がり、1位から5位まで全て「iPhone 7」が並んだ。SIMロックフリーの「HUAWEI P9 lite」は2つ順位を下げるも10位にとどまり、これで4週連続トップ10入りだ(通算7回目)。
iPhone 7タップで拡大
好調の「iPhone 7
HUAWEI P9 liteタップで拡大
SIMロックフリーで唯一トップ10入りした「HUAWEI P9 lite」

 

この強さはどこから?

やはりソフトバンクがというよりは孫社長の先見の明があったということだろうか。そのことを象徴するようにiPhoneといえばソフトバンクというイメージが強いような気がする。もちろんauやドコモでもiPhoneは販売されているがそれでもソフトバンクには敵わないということだろう。

 

それにCMでもソフトバンクの方が他のキャリアよりも良く出来ていると思う。もちろんCMが全てということではないが、auやドコモにはないCM作りをしていて、他のキャリと差別化を図ろうとしているようである。

 

だがしかし

だがしかし、一見携帯各社奮闘しているように書いてきたが今の日本の携帯市場は伸び悩んでいるのでは?と見える部分もある。その理由の一つに競争力の低下が挙げられると思う。料金プランひとつとっても三社(各キャリア)とも同じようなプランでは競争力の低下と捉えられても仕方ないであろう。それにそういう料金プランだからMVNOに移る人が増えるのである。ちなみにMVNOが悪いと言っているわけではない。

 

書きたいこと色々あるが話長くなるので、MVNOの事を絡めてまたブログを書きたいと思う。